宝暦治水薩摩義士伝

HOME
幕 命
決 断
屈辱の割腹
洪水と疫病
君臣の訪問
難工事
悲しみの最後
LINK

難工事


羽島市石田・安八郡大藪・海津郡金廻りと太田等に出小屋を設けた。薩摩藩からの工事参加者947人。雇った人を加えると、2000人を数え、工事は180ヶ村に及んだ。

宝暦治水
 薩摩義士伝

二大難工事としては四の手の油蜷V田千先の木曽、揖斐二川の締め切り堤工事と
三の手の大槫川洗堰工事がありました。油蜷V田千先の工事は我が国の治水工事としては
歴史上最も難工事といわれほどです。(宝暦4年(1754年)9月24日より第2期工事)